2014年7月30日水曜日

FéeFée in England Vol.4 

 
AtelierFéeFée in England Vol.4
 
その前はVol.3 → 
 
RHS Hyde Hall Gardenを一周した後は
 
腹ごなしにカフェへ。
 
 
 
必ずガーデンにはカフェがつきもので
 
グリーンを楽しみながらTea timeを過ごすスペースがココチいい♫
 

 



 
コレコレ! ↓
 
チョコとキャラメルとクッキー生地の三層!
 
すごく贅沢なSweet!!
 
こういうのがスキなのよねー。
 
 
そこらじゅうに牛やヤギがいるほど
 
乳製品は豊富!
 
バツグンに安くて美味しいの!
 
 
ミルクなんてめちゃくちゃ濃厚だし
 
発酵バターとか発酵ヨーグルトとか もう最高!
 
本気で買って帰りたいと思ったけど
 
かおりさんに 溶けるからやめとけと・・・。
 
 
それでもこっそり買って帰るつもりでしつこく物色していた私。
 
何度も説得され泣く泣く断念・・・(-_-)/
 
 

 
この日のレモンメレンゲタルトもサイッコーに美味しかったー!
 
バターが高価で入手困難な日本ではなかなか
 
こっくりとしたタルト生地には出会えない。
 
 
ニセモノみたいな薄っぺらのタルト生地に
 
何度がっかりさせられることか・・・。
 
 
 
ごはんに関しては日本の方が断然種類豊富で、
 
味付けも調理方法もそれはそれは洗練されてるけれど
 
こと スィーツに関しては 
 
参ったー!の一言!(^^)!
 
 
そしてこんなんばーっかり食べてたので
 
イギリスの旅ではすっかりコロンコロンに・・・(+_+)
 
 

Foot Path と言われる馬と人間が散歩する道・・。
 
どこへ行ってもこの白い花が満開!!
 
こぼれ種で大地に根を広げ、広がる野生の花は
 
たとえ繊細なレースフラワーでさえ頼もしい!





 
地平線が見えそうな風景。
 
一面に広がる麦畑。
 
 
 
風になびく穂に思わず触れたくなる・・・!
 



「ライ麦畑でつかまえて」 
 
図書館でずーっと気になってたタイトル。
 
何度も手にしたけど結局読めなかったなー。
 
 



午後の目的地、
 
その名も有名なべス・チャトーさんのガーデンへ。



色彩の美しさは言わずもがな・・・。




樹木の生育がやたらいい。
 
 
木々は50年選手。
 
どの木も風格がある。
  



 
植物は10~20年目、
 
植えて3年後、それぞれ良いところへ移植するそう。


 
駐車場からはじまる芝生の絨毯。
 
green 豊かに広がるガーデン。




green というよりは ライム、オーレア、ブロンズ・・・
 
黄金色をさす・・・そんな集合体。
 
 



神々しいまでの植物の美しさ、瑞々しさ、存在感。

圧倒されてコトバも出ない・・・。
 



 
 
 
ブーケに使う純白のカラー。
 
こんなに大胆に豪快に池のほとりで咲いてる姿、

滅多に見れないよねぇ?
 

 
 
雑誌なんかでよく見るワンシーン・・・
 
 
水面に映った景色さえも輝いてr。 
 
鏡面仕上げ?
 

 
水やりは一切しないとか。
 
 薬、肥料は適宜、必要ならば。


 
なんかね。
 
ある意味天国みたいだと思えた。
 


↑ ちょっと不思議な画像・・・
 
イヤな気はしないけど。
 




↓ ツルアジサイが樹に絡みついて・・・


 
引きで見ると・・・!
 
なんだか生きものみたい!




池の周りの湿地帯には気根が・・・。
 
茶色の不思議なカタチをしたのがそう。



 
GARDENもSHOPもスタッフはいつもニコニコキビキビ!

何を聞いてもステキ笑顔で応じてくれるのが印象的。
 




高低、色彩、デザインを考えがながら植栽、
 
三名のガーデナーが管理しているそう。
 
 

まずは現場をよく見て・・・ 
 
ナーサリーから合う植物をもってくる。
 
 

並べて配置を考えながら 向き、ルックス、全体のバランスをチェック!
  
Never Drawing !
 

図面を書かない私、ちょっと共感したりして♫


 
雑草でさえステキに見せるテクニック。
 
よりナチュラルで自由な感じ。





あー、ゴメンナサイ!
 
ちょっと気味悪いけど れっきとした植物デス。
 




 
 








 
 
 

 

すぐそこが住宅地、という立地にも関わらず
 
 
静かでおだやかな時がゆっくりと流れる・・・ 

 
 



 
鳥は自由に歌い続け

のびのびと散歩したりしてる。
 
 えも言えぬ幸福感・・・。
 




ひかりとかげ。
 
 


 
ここはイギリス。
 
 
なんて豊かで優雅な時間・・・



 
私もかおりさんも
 
ほとんど言葉を交わさなかった。
 
 

ただただ美しくて。
 
 開いた口が塞がらなくて。
 


 
 
圧巻の木々。
 
まだまだだ・・・。
 
 
 
 
もっともっと年月を重ねて。
 
人生のハルナツアキフユを幾度も幾度も重ねて。
 
こんなに大きくて包容力のある樹みたいになりたい。
 
 
そんな風に思えた、ため息だらけの時間でした。
 
 

2014年7月29日火曜日

メロメロデス♫



とある勘違いから・・・
 
ひょんな出会いとなり。
 
 
今、コレにハマってマス。


Forbidden fruits → 

Spend the day without you → 

 
90年代渋谷系の大スター、元ラブ・タンバリンズ
 
ヴォーカリスト、エリさんのハスキーヴォイス!

大音量でシビレまくってます。

私がFascinateされちゃった♫
 
 
Facebookに感謝。
 
 
 
 
 
Let me love you → 
 
とか
 
Cherish our love
 
とか・・・。
 
 
 
Uuuuu-nnnnnn!!!
 
 
メロメロデス。
 
 
 
 
 
 
このナツのBGMはコレだ♫ 
 
素敵なナツをお過ごしくださいねぇ。
 
 
  
 
画像はちゃんとご紹介できてなかった、
 
SHOP前日お引渡しのWedding Bouquet 。
 
バッタバタの連日で落ち着いたらUPしようと思いながら・・・。
 
 
FBではちらっとのっけたかも?
 
ALL PINK!
 
LOVEなブーケ♫ 
 
ご本人にもお母さまに来賓の方々にも
 
気に入って頂けたという、
 
私にとっても思い出深いブーケとなりました。
 
 
 

この夏は次女の希望もあって
 
 できるだけハイカロリーメニューを避けようと・・・。
 
もちろん食べたいものをガマンしたりするのは性に合わないので
 
カラダの欲するままに食べてマス♫
 
 
夏はフレッシュなハーブが出回るので
 
ふんだんにカラダに取り入れたいな。
 
大地のパワーを味方につけて
 
暑さに負けないカラダ作りを!
 
 
皆さんも暑さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませね♫
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 

2014年7月27日日曜日

FéeFée in England  Vol. 3

 イギリス紀行 Vol.3
 
5月に出発して早7月・・・が終わろうとしてます。
 
このペースでいくと夏休みには終わらない~(+_+)
 
だけど、膨大なPhotos、やっぱり残したい記したい。
 
そして皆さん結構楽しみにして下さってるようで…!(^^)!
 
 
てなわけで、できるだけ期間を空けず更新したいと思います。
 
今回も長くなりますが ゆるりとお付き合いくださいませ♫
 
 
 旅の三日目。
 
ひたすらこんなミドリが続く、Hyde Hall RHSへ。
 
 
 
 
 癒される・・・ってこういうこと?
 
ひたすら続くミドリになんだか懐かしい気分になってしまう。 
 
 
 
RHSとは英国王立園芸協会、200年以上前から活動している
 
英国で一番有名なガーデンソサエティ。
 
RHSが持つ4つのガーデンはイギリスの中でも特に人気が高いそう。
 
前回Vol.2で長々と植物の写真をたーくさんUPしたのが
 
 Wisley Garden RHS。↓
 

ガーデンについて早々、派手なグループ発見!
 
写真、撮らせてもらってもいい?と聞くと
 
ぜひぜひ~! ってことだったので、パチパチ取らせて頂きました。


Red Hat Society という結構大きなグループで
 
花やスポーツ観戦、パーティやお芝居を
 
このスタイルで楽しんでるそう!
 



How Cool!!



それぞれ 手作り もしくは 市販のものに手を加えたり。
 
とにかく楽しそう!


 
ガーデンカフェのおおきなテーブルに彼女たちが勢ぞろいしたときは
 
まさにアリスのティーパーティみたい!


 
 
ちょぴっと仲良くなったもんだから 私たちが近づくと
 
バラバラに話しかけてきてくれて・・・。
 
 
  
あーあ、残念!動き回る前に

全体写真を先に撮っておくべきだった~(+_+)
  
 


さて、ガーデン散策・・・。

 絵になる植栽。
 
 

 
 
 
 
 
風景の美しさを撮るとき、人物であれ看板であれ
 
不要なも.のは絶対外すんですが。
 
  
 
あまりにも老夫婦が多いことに気が付き・・・
 
しかも絵になる。
 
チャーミーグリーンか?
 
 
 
 
途中から積極的にシルバーカップルを撮ることに♫
 
 
 
車いすやつえをついてらっしゃる方も少なくない。
 
それはまるで治療に訪れているかのように
 
静かで穏やかなときを過ごしている。 
 
 



花やハーブ、木々のフィトンチッド、
 
ミドリに囲まれ呼吸することはサイコーの吸入に違いない。
 


太陽の恵みをたっぷり浴びた植物の香に満ち溢れた空気・・・
 
これはどんな点滴にも勝るだろうなぁ。
 


 
晴れた空  澄んだ空気。
 
それが素晴らしい日常であること。
 



「 今日はホントにイイお天気!! 」
 
「 なんてステキな日でしょう♪♬♫ 」
 
会う人会う人みーんなが口を揃えて微笑んでる。
 


 
シンプルな日常を喜び、感謝し、共有し合う人たち。
 
お日さまと自然があれば人はゴキゲンでいられる。 
 
 
 
植物がヒトを癒すことは知ってるつもりだけど
 
Gardenには人を治癒する力さえあるんだ!
 
そんなことを今更ながらつくづく噛みしめたっけ。
 

 
子どもが大きくなって なかなか足を運ばなくなったけど・・・。
 
夫とふたりで森林公園、行きたいなーと思ったのでした。




↓ スキな画像の一枚・・・。
 
 


小学生の遠足か何かなんだけど。
 
シルバーも多いけどキッズもよく見かけるんだよね・・・。
 
みんなすっごく楽しそう!

 
 
ポタジェ。家庭菜園。
 
収穫重視のキッチンガーデンに対して
 
より装飾的で鑑賞性の高いのがポタジェ。
 
 
 
配色や高低さ、立体感を演出したり
 
最近では有機栽培や無農薬栽培を取り入れるガーデナーが多いとか。
 
まさに田園クラブだ!
 

 
 



お母さんが小さいコに楽しげに優しい口調で語りかける。
 
「 そーっとね、優しくね、大切にね。 」
 


 

「 Smell good~♫ 」
 
「 Look !」
 
と関心を誘う・・・。
 
歌うたうみたいにやさしくて ココチよかった。

 
 
 


↓  これにはちょっと仰天したけど・・・!?
 

Lady ?

女子なんだ・・・



 
 なんでもない画像なんだけど・・・
 
とにかくミドリ美しくて!
 

 
見てるだけでも気持ちよくなるのでやっぱり載せたい・・・
 

 
そして私がめちゃくちゃ気に入ってしまったモノ!!
 
↓ コレ、なんだと思います?





Insect Hotel!!!
 
そう、昆虫のホテル!
 
 
人工的に作られたものだけどこれがまたユニークで。
 
 
 
 
 
 
「 今日はココ、泊まっていこーよ♫ 」
 
こんな風景みたら 思わず羽を休めたくなりそう!



 
 「 どのお部屋になさいますか? 」
 
こども心にかえってままごとしたくなる・・・!
 
コレ、作ってみたいわー。 
 
 

 


ドライガーデン。日陰もなく乾燥に強いプランツたち・・・。

 

 湿度が高く蒸れやすい名古屋では 

なかなか次が上がりにくいサルビアもしっかり根が張って・・・。

 


背の低いアリウムがいっぱい・・・
 
 



せっせと蜜を吸って忙しそう!
 




開花するまさに直前!
 
なんか愛しくて・・・
 
思わず這いつくばってシャッター切るヘンなカンダでした(^^ゞ


 
 
ナイス・ガイたちがあちこち植え替え・・・。
 
作業中に質問しても丁寧に応えてくれる。
 
みんな表情がイキイキしてるの、やっぱりなー♫
 
 
 
右の人は・・・女性か男性か・・・?
 
ちょっと自信ないな。
 
男性であれ、女性であれ。
 
ガーデナーという仕事にプライドを持ってる人たち、
 
みんなカッコイイ。
 
 
ガーデンだけが素晴らしいのでなく
 
家だけがステキなのでもなく
 
人だけが素晴らしいのでもない。
 
 
 
 
家と庭。人と家。人と庭。
 
全てを繋ぐ。
 
  
 



自然を感じれる場所がること。
 
植物と触れ合うスペースがあること。
 
 
それがココチいいことの絶対条件だと
 
確信した日!
 
この日の午後もガーデン巡りは続くのだ・・・
 
後半もお楽しみに!