2014年7月30日水曜日

FéeFée in England Vol.4 

 
AtelierFéeFée in England Vol.4
 
その前はVol.3 → 
 
RHS Hyde Hall Gardenを一周した後は
 
腹ごなしにカフェへ。
 
 
 
必ずガーデンにはカフェがつきもので
 
グリーンを楽しみながらTea timeを過ごすスペースがココチいい♫
 

 



 
コレコレ! ↓
 
チョコとキャラメルとクッキー生地の三層!
 
すごく贅沢なSweet!!
 
こういうのがスキなのよねー。
 
 
そこらじゅうに牛やヤギがいるほど
 
乳製品は豊富!
 
バツグンに安くて美味しいの!
 
 
ミルクなんてめちゃくちゃ濃厚だし
 
発酵バターとか発酵ヨーグルトとか もう最高!
 
本気で買って帰りたいと思ったけど
 
かおりさんに 溶けるからやめとけと・・・。
 
 
それでもこっそり買って帰るつもりでしつこく物色していた私。
 
何度も説得され泣く泣く断念・・・(-_-)/
 
 

 
この日のレモンメレンゲタルトもサイッコーに美味しかったー!
 
バターが高価で入手困難な日本ではなかなか
 
こっくりとしたタルト生地には出会えない。
 
 
ニセモノみたいな薄っぺらのタルト生地に
 
何度がっかりさせられることか・・・。
 
 
 
ごはんに関しては日本の方が断然種類豊富で、
 
味付けも調理方法もそれはそれは洗練されてるけれど
 
こと スィーツに関しては 
 
参ったー!の一言!(^^)!
 
 
そしてこんなんばーっかり食べてたので
 
イギリスの旅ではすっかりコロンコロンに・・・(+_+)
 
 

Foot Path と言われる馬と人間が散歩する道・・。
 
どこへ行ってもこの白い花が満開!!
 
こぼれ種で大地に根を広げ、広がる野生の花は
 
たとえ繊細なレースフラワーでさえ頼もしい!





 
地平線が見えそうな風景。
 
一面に広がる麦畑。
 
 
 
風になびく穂に思わず触れたくなる・・・!
 



「ライ麦畑でつかまえて」 
 
図書館でずーっと気になってたタイトル。
 
何度も手にしたけど結局読めなかったなー。
 
 



午後の目的地、
 
その名も有名なべス・チャトーさんのガーデンへ。



色彩の美しさは言わずもがな・・・。




樹木の生育がやたらいい。
 
 
木々は50年選手。
 
どの木も風格がある。
  



 
植物は10~20年目、
 
植えて3年後、それぞれ良いところへ移植するそう。


 
駐車場からはじまる芝生の絨毯。
 
green 豊かに広がるガーデン。




green というよりは ライム、オーレア、ブロンズ・・・
 
黄金色をさす・・・そんな集合体。
 
 



神々しいまでの植物の美しさ、瑞々しさ、存在感。

圧倒されてコトバも出ない・・・。
 



 
 
 
ブーケに使う純白のカラー。
 
こんなに大胆に豪快に池のほとりで咲いてる姿、

滅多に見れないよねぇ?
 

 
 
雑誌なんかでよく見るワンシーン・・・
 
 
水面に映った景色さえも輝いてr。 
 
鏡面仕上げ?
 

 
水やりは一切しないとか。
 
 薬、肥料は適宜、必要ならば。


 
なんかね。
 
ある意味天国みたいだと思えた。
 


↑ ちょっと不思議な画像・・・
 
イヤな気はしないけど。
 




↓ ツルアジサイが樹に絡みついて・・・


 
引きで見ると・・・!
 
なんだか生きものみたい!




池の周りの湿地帯には気根が・・・。
 
茶色の不思議なカタチをしたのがそう。



 
GARDENもSHOPもスタッフはいつもニコニコキビキビ!

何を聞いてもステキ笑顔で応じてくれるのが印象的。
 




高低、色彩、デザインを考えがながら植栽、
 
三名のガーデナーが管理しているそう。
 
 

まずは現場をよく見て・・・ 
 
ナーサリーから合う植物をもってくる。
 
 

並べて配置を考えながら 向き、ルックス、全体のバランスをチェック!
  
Never Drawing !
 

図面を書かない私、ちょっと共感したりして♫


 
雑草でさえステキに見せるテクニック。
 
よりナチュラルで自由な感じ。





あー、ゴメンナサイ!
 
ちょっと気味悪いけど れっきとした植物デス。
 




 
 








 
 
 

 

すぐそこが住宅地、という立地にも関わらず
 
 
静かでおだやかな時がゆっくりと流れる・・・ 

 
 



 
鳥は自由に歌い続け

のびのびと散歩したりしてる。
 
 えも言えぬ幸福感・・・。
 




ひかりとかげ。
 
 


 
ここはイギリス。
 
 
なんて豊かで優雅な時間・・・



 
私もかおりさんも
 
ほとんど言葉を交わさなかった。
 
 

ただただ美しくて。
 
 開いた口が塞がらなくて。
 


 
 
圧巻の木々。
 
まだまだだ・・・。
 
 
 
 
もっともっと年月を重ねて。
 
人生のハルナツアキフユを幾度も幾度も重ねて。
 
こんなに大きくて包容力のある樹みたいになりたい。
 
 
そんな風に思えた、ため息だらけの時間でした。