2017年11月19日日曜日

イタリア紀行Vol.7 トスカーナの休日 オリーブ絞り見学

 
 
 
 
暮らすように過ごすトスカーナの休日。
スローな更新です。

3日目はオリーブを絞りの見学、
村の小さな工場へカルミネさんが
連れて行って下さいました。


天気がよければ
摘み体験をさせて頂く予定でしたが
この日は雨が少し降ったので見学のみ。
 
 
 
11月はオリーブの収穫期!
村の人たちがは自分達で収穫した実を
運び込み、画像のような工程を経て
出来たてオリーブオイルを持ち帰ります。
 




 
 









 
 
お年を召されたおばあちゃんも参加、
家族で収穫を祝い一年かけてオイルを頂くそう。


イタリア人にとってオリーブオイルは
食卓になくてはならない大事なもの。
絞りたてを味見させてもらいました♫
青みが強くピリッとした辛味が
フレッシュそのもの!
 

 





 
 
オリーブとブドウ畑が織り成すのどかな風景は
まるで刺繍のようです。
 
昔みた絵本のようでもあり
郷愁誘う美しさに思わず涙腺が緩む・・・





このあと地元のスーパーへ、、、。 
  
 お店でも2017オリーブオイルヌーボーが
ちらほら並んでいました。
 
 






2017年11月18日土曜日

イタリア紀行Vol.6 暮らすように過ごすトスカーナの休日

 
 
今回の旅のハイライトは何といっても
暮らすように過ごすトスカーナの休日。

昔、修道女たちが住んでいた古い建物を改装した
モダンなヴィラ、モナケでの滞在は夢のよう!

モナケは本格イタリアンを学べる
クッキングアカデミーです。

宿泊施設と料理学校を兼ねた
素適なヴィラのオーナーは
神楽坂イタリアンのカルミネさん。
 
プロに教わる料理レッスンの他に
地元の食材の買い出し、
オリーブオイル絞りの見学、
ワイナリー訪問、などなど
盛りだくさんの内容は興味深いものばかり!

連日の美味しいお料理や
カルミネさんとの楽しい会話、
日々のアクティビティ・・・

美しい自然に囲まれて
暮らすように過ごすトスカーナの休日を
綴りたいとおもいます。
 
 
 
朝起きて感動!
気分は赤毛のアンです!!
 
窓を開け気持ちのいい空気を
胸いっぱい吸って・・・
 
部屋からの眺めが素敵!
 
 
 
 
早々に身支度、朝食前の腹ごなし・・・。
クックと格闘するカンダ。
 
 
夢のような朝食です。
 
 
カルミネさんの友人が作っているシリアル。
 
 
 
 
 
カルミネさんちで採れたハチミツ!
 
深く濃い~甘さです。
 
 
カルミネさんちのジャム♪
 
 
 
 
 
 
 


イタリア紀行Vol.5 花の都フィレンツェ ドゥオモ~トスカーナのヴィラ・モナケへ




イタリア紀行Vol.4はコチラ



花の都フィレンツェの名に相応しい
大聖堂ドゥオモ。
13世紀着工だとか!


600年という、
気の遠くなる時間を費やして完成。

パトロンとして支援した
大富豪一族メディチ家の紋章や
像、壁画、彫刻、、、。


ロマンチックなベビーピンクやモス色は
全てトスカーナで採れる大理石!


贅を尽くした街のシンボルは
世界最大の石積み建造物。

外にお金をかけ過ぎてか
中は意外やシンプル(^_^;)







美の極みをじっくりお楽しみ下さい。 


 








 

 
 

 

フィレンツェで長い一日を過ごし
とっぷり日が暮れる頃、
タクシーで30分程山の中伏まで走り
三泊お世話になるヴィラ、モナケへ。

 
 
暖炉で冷えたカラダを温めながら
ハーブをふんだんに使った本格イタリアンと
それぞれに合うワインを出して頂き
感動的な美味しいディナーを頂きました。
 
オーナーであるカルミネさんは
神楽坂でイタリアンを経営されていて
日本語もぺらぺら。
ホスピタリティ溢れる温かいおもてなしに
心も体も癒されます。





 
 

 





トスカーナ発祥
フィレンツェでは代表的なドルチェ、ズコット。
 
 
まさにこの日に訪れた
ドゥオモのクープラのよう!
ドーム型に仕立てたケーキです。
 
 
スポンジの中にアーモンドクリームなどを詰めて
凍らせたもの。
 
手間がかかるスィーツです。
 
とっても美味しかったー!
 






美味しいお食事を頂いて
この日はぐっすり眠りにつきました。